花園メリーゴーランド(柏木ハルコ)エロス+ミステリアス+サスペンス+ラブストーリー=名作です

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

【作品データ】

作品名花園メリーゴーランド
作者柏木ハルコ
連載誌ビッグコミックスピリッツ(小学館)
連載期間2001年(平成13年)~2002年(平成14年)
単行本全5巻
電子書籍あり

 

【作品概要】

東京近郊で暮らす15歳の少年・相浦(あいうら)くんが、ひょんなことから迷い込んだ山奥の村落・柤ヶ沢(けびがさわ)。

閉鎖的な社会であるが故の習俗に戸惑うばかりの相浦くんは、住民たちに翻弄され続け、遂にはそこで「童貞」を捨てることに…。

奔放な「性」と真剣な「恋愛」をミステリアス&サスペンスな雰囲気で描き切った、ある意味「恐ろしい漫画」です。

 

え~、最初にお断りしておきますと、本作「花園メリーゴーランド」にはエロいシーンが沢山出てきます。

ただ、紹介する漫画のジャンルとしては「シリアス・サスペンス」に分類しています。

何故なら、この作品は「性」というものを通じて、道徳観や価値観・倫理観の違いというものに対する人間の心理を描いたヒューマンドラマでもあるからです。

自分の気持ちを分かってくれる人が一人もいない状況、且つ周りの人の気持ちが全く理解できない状況に追い込まれた人間はどうなると思います?

本作の主人公・相浦少年は、その答えの1つを示してくれています。

 

ただ…。

わたしもこんな偉そうなレビューが書けるのは、結構な年齢になってからこの作品を読んだからでして、もし10代の頃に読んでいたら、そりゃ「エロ漫画」だと思って読むでしょうね~。

まぁしかし、どのように捉えていただいても、本作が傑作であることに変わりはありません。

hanazono01

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

本作の見所①(性教育)

そう遠くない昔。

戦争が終わって高度経済成長期を迎えようとしていた1950年代くらいまでは、一部の地域で「夜這い」や「お茶呼ばれ」という夜遊びなどが普通に行われていたそうです。

独り身の女性の元へ夜な夜な通う男たち、山道を何キロも歩き、離れた場所に住む娘のところまで通う男たち、夏祭り・盆踊りの季節になると飢えた獣のように性を貪りあう男女などなど。

そう遠くない昔の日本では、今の我々の観念とは全く異なる「性の常識」が存在していた地域がありました。

 

本作「花園メリーゴーランド」も、そんな「奔放な性」がまかり通る山間の隠れ里「柤ヶ沢(けびがさわ)」が舞台となります。

(注)柤ヶ沢について

恐らく、柤ヶ沢は「村」だと思われますが、作中では「柤ヶ沢村」という表現を使っていません。(単に、「柤ヶ沢」とだけ表記してします)

しかし、登場人物たちが「この村~」や「村の人たち~」という表現を使っているため、本記事でも、便宜上「柤ヶ沢 = 村」として扱います。

 

主人公の少年・相浦(あいうら)くんは、東京近郊に住むごく普通の中学生。

ある時、父親から聞いた相浦家に先祖代々伝わる刀「烏丸(からすまる)」を一目見てみたいと思い立ち、父親の故郷・谷竹村(やたけむら)へと向かいます。

ところが、その途中で柤ヶ沢という村へ迷い込んでしまい、そのことが彼の不幸(幸運?)の始まりとなるのでした。

 

柤ヶ沢という村は、非常に「性」というものに対してオープンな集落で、男も女も性行為を「悪いこと」あるいは「神聖なこと」などとは捉えていません。

人間が食事をしたり睡眠をとったりするのと同じような、「ごく自然なこと」として捉えているのです。

そのため、ある一定の年齢(何歳かは不明、恐らく15歳前後)になった子供たちには、大人たちによる「性教育」が行われるシステム(しきたり)になっています。

つまり、男の子は村の女性たちから、女の子は村の男性たちから「実践」も兼ねた性教育を施されるのです。

男の子も女の子も、半ば強制的に「初体験」をさせられるという意味です。

 

主人公の相浦くんは、たまたま、そのある年齢に達していたこと、たまたま、そのしきたりが行われる時期に柤ヶ沢に来てしまったこと、たまたま、童貞であったことが重なって、運悪く(運良く?)この村のチン騒動に巻き込まれるハメになります。

hanazono02_001

(©柏木ハルコ/花園メリーゴーランド 第2巻)

 

ま、この漫画が単なるエロ漫画であれば、結果的に年上のおねえさん(おばさん?28歳)に優しく手ほどきされながら童貞を捨てる、という理想的な大人への階段を上れたことになるので、幸せ者だと言えるのですが…。

単なるエロ漫画ではない本作の面白さは、他のところにもあるのです。

 

本作の見所②(ミステリアス&サスペンス)

閉鎖された山村、古くから伝わる習俗。

およそ一般社会からは考えられないような「常識」がまかり通るここ柤ヶ沢で、訳が分からないまま流されていく主人公の様子は、まさにミステリアス&サスペンスと呼ぶにふさわしい物語となっています。

この村の人たちの性に対する意識は、本当に我々の常識からかけ離れたもので、わたしたちの側の人間である相浦くんは、この村のしきたりや風習、何より村人たちの言動を理解することができません。

下ネタや卑猥な言葉は日常用語のごとく使いますし、夜這いは当たり前(しかも、女性からもアリ)、さらに、人前でヤルことにもさほど抵抗はないようです。

特に、本作に登場する女性たちの奔放さは、「痴女」というレベルを超えると言って良いでしょう。

一方、主人公の相浦少年は、どちらかというと大人しくて奥手の性格をしています。(村のおばさんたちから、カワイイと言われるような男の子です)

そんな、性に対して純真な男の子が、こんな痴女だらけの村に放り込まれたらどうなります?

「怖い」ですよね。

周りの人たちが、みな「理解不能」な人間ばかりなのですから。

もうエロいとか気持ちイイとかそんな事じゃなくて、ただただ「怖い」のです。

 

いわゆる道徳観や価値観・倫理観の違いというものに主眼を置いている本作は、我々には理解しがたい村人たちの言動を「謎」としてミステリアスに描き出しています。

そのため、「この後、どうなるんだろう?」というドキドキ感が、ページをめくる手を止めさせてくれません。

また、周りに味方がひとりもいない状況(頼れる人がひとりもいない状況)に追い込まれた主人公の「恐怖心」をサスペンスタッチで描写している点は、ハラハラ感を煽ってくれます。

さらに後半になると、相浦くんはある理由から村人たちに追われて、逃げざるを得ない状況になります。

hanazono08

(©柏木ハルコ/花園メリーゴーランド 第4巻)

 

そこからのストーリーは、まさに「サスペンス」と言える展開になっています。

そんな、ミステリアス&サスペンスなストーリーの展開も、本作の大きな見所なのです。

 

本作の見所③(ラブストーリー)

さて、本作の見所の最後は、主人公の相浦くんとヒロインのラブストーリーです。

この漫画のヒロインは、柤ヶ沢で暮らす女の子・澄子(すみこ)ちゃんです。(相浦くんと同じ中学生ですが、年齢は不明)

hanazono02

(Amazon.com)

 

澄子ちゃんは、相浦くんが最初に知り合う柤ヶ沢の住人で、可愛らしい容姿をしているもののその内面が窺い知れないちょっと不愛想な女の子です。

ただ、相浦くんと同年代なので「性」に対する認識としては、相浦くんに最も近い人物と言えるでしょう。

そのため、本当は初体験(彼女は処女です)は好きな人と…という純粋な想いがあるにも拘わらず、村のしきたりに従って、「性教育」で初体験を済ますことになります。

このことは、やはり彼女にとって大きな出来事だったようで、相浦くんに対する「好き」という心の本音と、「好きでもない男性と初体験を済ませてしまった」という体の罪悪感が入り混じって、素直に接することができなくなってしまうのです。

この点に関しては、男である相浦くんの方が、少しだけドライかもしれません。

 

自分の気持ちと村のしきたりの狭間で揺れる澄子ちゃんの心境が、女性の漫画家さんならではの描写で上手く表現されていますし、相浦くんの気を引こうとする子供らしい愛情表現も可愛くてイイです。

対する、相浦くんの男としての身勝手さというか弱さのようなものもキッチリ描き出しているので、男としても共感できるモノがあるでしょう。

そんな2人のラブストーリーがどのような結末を迎えるかは、ラストまで待たなければなりません。

 

このように、本作「花園メリーゴーランド」は、エロス + ミステリアス&サスペンス + ラブストーリーで構成された作品です。

「性」についてあけすけに描いた作品でありながら、敢えて、メインではなく「題材」として使用することで、単なるエロ漫画でもなく、単なるサスペンス漫画でもなく、単なる恋愛漫画でもない異色の漫画として仕上げられた名作となっているのです。

最後に、冒頭で述べた、自分の気持ちを分かってくれる人が一人もいない状況、且つ周りの人の気持ちが全く理解できない状況に追い込まれた人間が取る行動は、次のいずれかです。

  1. 考えるのを止めて、周りの状況を受け入れる。
  2. 自分の気持ちをしっかり持って、流されない。

果たして、相浦少年はどちらの行動をとったのでしょうね?

hanazono07_01

(©柏木ハルコ/花園メリーゴーランド 第5巻)

相浦くんの、この涙の意味は…!?(最終巻で分かります)

 

【花園メリーゴーランド】

東京近郊で暮らす15歳の少年・相浦くんが、ひょんなことから迷い込んだ山奥の村落・柤ヶ沢。閉鎖的な社会であるが故の習俗に戸惑うばかりの相浦くんは、住民たちに翻弄され続け、遂にはそこで「童貞」を捨てることに…。

 

女性の「性」に関する作品や「恋愛」に関する作品を多く描かれている柏木先生が、現在スピリッツ誌上で連載している作品が、こちらです。

普段、あまり取り上げられることのない「ケースワーカー」の仕事(実態)を楽しく・分かりやすく描いた社会派漫画の良作です。(既刊8巻)

連載中の作品ですので当ブログで大きく取り上げることはありませんが…、ハッキリ言って、面白いです。

【健康で文化的な最低限度の生活】

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが…。
「生活保護」に向き合う新米ケースワーカーたちの本格ドラマです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました