【あだち充先生のおすすめ漫画BEST10】青春ラブストーリーを読みたいならコレ!

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

今回は、少年漫画界の巨匠「あだち充」先生のおすすめ作品をBEST10形式で紹介していきます。

まずは、あだち充作品の特徴を簡単に。

あだち充先生の漫画は、良くも悪くも「ワンパターン」が特徴で、大ヒット作品「タッチ」以降、その傾向はより顕著になっています。

  1. 基本的に「青春ラブストーリー」である
  2. スポーツを題材にしたものが多い
  3. 主人公(男性)の性格が似ている
  4. ヒロインの性格が似ている
  5. 幼馴染系が多い
  6. お兄ちゃんキャラがライバル
  7. デブキャラがいる
  8. 微エロである など

ただ、こういったワンパターンさを継承しつつも、最終的にラブストーリーとして完結させる過程が秀逸で、恋愛ものの展開には欠かせない「偶然」と「誤解」、そしてあだち先生独特の「軽妙さ」と「テンポの良さ」で一気に読破させてしまう手腕はさすが巨匠と言えるでしょう。

さらに、絶妙なコマ割りや粋なセリフ回しなども、あだち作品の特徴です。(無理やりではなく、ごく自然にこれらを使っているところも、さすが巨匠ですね)

そして、あだち作品の一番の魅力は「こういう恋愛したいなぁ…(したかったなぁ…)」、「こういう青春送りたいなぁ…(送りたかったなぁ…)」という【羨望】に尽きるだろうと思います。

かれこれ30年以上前からあだち充作品に慣れ親しんできた一ファンとして、わたしがオススメする「コレ面白いよ!」という作品BEST10を紹介しますので、これを機に、あだち先生の作り出す「極上の青春ラブストーリー」を、味わってみてください。

 

尚、わたしが未読の作品はオミットしており、個人的な感想や作品の概要、余計な解説なども極力行わないようにしています。

あなたの感性で、面白そうな「あだち充作品」を選んでくださいね。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

第10位 夕陽よ昇れ!!

第10位は、当ブログでも取り上げたことのある「夕陽よ昇れ!!」です。

デビュー当初は、原作付きの作品や少女漫画も描いていたあだち先生。

先生の少女漫画はあまり読んだことがないのですが、この作品はあだち先生の漫画を読み漁っていた頃に、たまたま読んだ作品です。

全2話の短編作品ですが、あだち先生の真骨頂とも言える「青春純愛ラブストーリー」が見事に描き出されています。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので、併せて参考にしてください。

【夕陽よ昇れ!!】

青葉学院2年・沢木夕子の初恋相手は、剣道2段の転校生・桂木剣一。彼の秘密を知り、悔いのない青春をおくる為、剣道部に入る夕子だが…。(全2巻)
表題作「夕陽よ昇れ!!」のほか短編を2本収録。同時収録されている「なかよしの詩(1971年)」もあだち先生の初期の作品として必見です。

 

第9位 KATSU!

多分、あだち先生は「高校野球」と「ボクシング」が好きなんでしょうね。

ということで、第9位はボクシング漫画「KATSU!」です。

全9巻(コミックス版は全16巻)も描かれている割にはマイナーの域を出ない作品ですが、個人的にはかなりのお気に入りですね~。

わたしも好きなボクシングを題材にしているというのと、ヒロインの「香月ちゃん」がなかなかのツンデレ娘でして。(あだち作品には珍しく)

あだち先生の漫画に登場するヒロインの中でも最上位の可愛さだと思っています。

ただ、肝心のボクシングは、というと…、ちょっと尻切れトンボかなという内容になってまして、やっぱり青春ラブストーリーがメインの作品なのでした。

71L9rxr5mRL
【KATSU!】

光葉高校に入学した里山活樹は同じクラスの水谷香月に近づくために、香月の父親の運営するボクシングの水谷ジムへ入会した。しかし…。(文庫版:全9巻)
尚、「KATSU!」は、電子書籍化されていません。

 

第8位 MIX

現在、絶賛連載中の「MIX」を第8位としました。

「タッチ」の明青学園を舞台にしてはいるものの、今のところ「続編」という感じはしないですね。

ただ、タイトルの「MIX」は、あだち先生の過去作の要素のミックスを意味しているそうで、もし今後タッちゃんや南ちゃんが登場するようなら、俄然盛り上がってくるでしょう。(登場するかどうかは、知りませんが…)

既刊15巻で、今後の動向に要注目という意味での第8位です。

【MIX】

舞台は明青学園。同年同月同日に生まれた同い年の兄弟とひとつ違いの妹。上杉兄弟の伝説から26年、運命の兄弟は今再び明青学園の扉を開く。そして、物語は始まる―。高校野球と恋愛のMIXは定番のあだち作品に、過去作もMIXされて益々目が離せません。でも、どうか誰も死んだりしませんように…。(既刊15巻)

 

第7位 クロスゲーム

ちょっとマイナーな作品かもしれません「クロスゲーム」が、第7位にランクイン。

この作品の特徴は、他のあだち作品のどの主人公よりも「飄々とした」主人公が描かれていることと、のっけから衝撃的な展開で物語がスタートするところですかね。

内容としては、高校野球を題材にした青春ラブストーリーではあるのですが…。

個人的に、ヒロインがあまり好みじゃなかったので、この順位に落ち着きました。

ただ、ラストシーンは、「まさにあだち作品!」という感じの爽やかな終わり方で好感が持てましたね~。(クロスゲームは、電子書籍化されていません)

71B4v2M6gNL
【クロスゲーム】

主人公はスポーツ用品店の一人息子である樹多村 光。近所のバッティングセンターを営む月島家とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。しかし、小学生だったある日…。(文庫版:全11巻)

 

第6位 タッチ

第6位は、あだち充先生の名を全国に知らしめた名作「タッチ」。

まぁ、アニメの影響が大きいのだと思いますが、アニメを放映していた当時、わたしは連載もコミックスも読んでいたので、友達に「カッちゃん死ぬんだよ」って教えてあげたら「嘘つき」呼ばわりされたのは良い思い出です…。

確かに名作には間違いありません。

あだち先生の作品No.1になってもおかしくないです。

でもですね、なんかこう、個人的にあまり好きではないのは、やっぱりアニメのせいですかね…。

タッちゃんと南ちゃんの声が好きじゃなかったんです…。(三ツ矢さん、日髙さん、ゴメンナサイ)

【タッチ】

言わずと知れたあだち先生の作品の中でNo.1の知名度を誇る作品です。カッちゃんが死んだときは、子供ながらに相当なショックを受けましたね~。でも、あだち先生曰く、最初からカッちゃんは死ぬ運命だったそうです。(全26巻)

 

第5位 ナイン

以前に当ブログでも紹介した「ナイン」が第5位です。

高校野球を題材にした漫画なのですが、ホントに「題材」にしているだけで、本筋は「青春学園ストーリー&青春ラブストーリー」にあります。

全3巻(コミックス版は全5巻)と短編ではあるものの、何とも言えない、甘酸っぱい純愛ラブストーリーが詰まった名作と言えるでしょう。(ナインは、電子書籍化されていません)

個人的には、この作品の頃(1970年代後半~1980年代前半)のあだち先生の作画が一番好きですね~。

尚、当ブログで紹介した「ナイン」の記事はこちらですので、併せて参考にしてください。

61gL6NZnGBL
【ナイン】

中学陸上短距離記録保持者の主人公と、その友人で中学柔道県大会個人優勝者・全国中学野球優勝投手らが、甲子園を目指して奮闘。まさに昭和!という感じの「青春ラブストーリー」が展開されます。(文庫版:全3巻)

 

第4位 みゆき

第4位は、わたしがあだち充という漫画家さんにのめり込むきっかけとなった作品「みゆき」です。

良く言えば、「みゆき」という2人の女性を巡る三角関係ラブストーリーで、悪く言えば、血の繋がらない妹との近親相姦ラブストーリーですが、2人の「みゆき」のキャラ分けがしっかりしていて、ヒロインがとても魅力的な作品です。

この漫画を読んで、「血の繋がらない可愛い妹が欲しい!」と本気で思ったのを憶えています。

また、あだち先生の作品としては、スポーツ色の全く無い純粋な学園ものラブストーリーという珍しい作品でもあります。

アニメ化もされていて、ヒロインの1人・みゆきちゃんの声は、若かりし日の「荻野目洋子」さんが担当しています。

【みゆき】

主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いたラブストーリー。2人の「みゆき」は、主人公の義妹・若松みゆきと主人公の彼女・鹿島みゆき。
因みに、わたしは「鹿島みゆき派」のため、ラストにちょっと納得がいっていない派でもあります。(全12巻)

 

第3位 虹色とうがらし

恐らく、あだち先生の作品の中ではマイナーな部類に入ると思われる「虹色とうがらし」が、第3位です。

物語の舞台は日本の江戸時代を模した世界で、主人公の七味(しちみ)とその兄弟たちの活躍を描くちょっとミステリアス風味も加わっている作品なのですが…。

やっぱり、「安定の」あだち充作品です。

ただ、時代劇風という設定や将軍家との関わり、謎の浪人など「目新しいかな?」と思える設定も多く、既存のあだち充作品とは違った味わいのある隠れた名作と言えるでしょう。

全6巻(コミックス版は全11巻)でサクッと読める手軽さも◎ですね。(でも、残念ながら電子書籍化はされていません)

51gw-AvfKdL
【虹色とうがらし】

地球によく似た星の江戸という町のからくり長屋。そこで暮らす七人兄弟はそれぞれ母親が違う異母兄弟であり、七人の母親たちは全員他界している。兄弟はそれぞれの母親の墓参りをする旅に出ることになったが…。(文庫版:全6巻)

 

第2位 H2

古くは「ナイン」から最新の「MIX」まで、数多くの高校野球漫画を描かれているあだち先生。

そんなあだち先生の描く高校野球を題材にした漫画のうち、No.1は間違いなくこの「H2」です。(言い切れます!)

ラブストーリーはもちろん、野球漫画としての色が最も濃く出ている作品ですし、何よりあだち先生の高校野球への想いが感じられます。

全20巻(コミックス版は全34巻)という長編ですが、序盤の野球部を作るくだりからグッとストーリーに引き込まれて、最後まで一気読みしてしまうでしょう。

ただ、残念ながら現時点では電子書籍化はされていません。

51+YiIq3C7L
【H2】

男女2人ずつの「H2」が織り成す青春ラブストーリー。ライバルであり、親友でもある国見比呂と橘英雄。甲子園を目指すヒーローに、ヒロインひかりと春華の想いが交錯する…。あだち充先生のNo.1野球漫画です。(文庫版:全20巻)

 

第1位 ラフ

堂々の第1位は、「ラフ」。

あだち作品としては珍しい「水泳」を題材とした漫画ですが、あだち先生の真骨頂である「偶然」と「誤解」が詰まった青春ラブストーリーとしてはNo.1です。

また、主人公とヒロイン以外の脇キャラやサイドストーリーも素晴らしく、こんな仲間たちに囲まれて青春を送りたかったと思うのはわたしだけではないでしょう。

全7巻(コミックス版は全12巻)というお手頃の長さなので、あだち充先生の入門書として読むにも最適です。

長澤まさみさん主演で映画化もされていますが、残念ながら現時点では電子書籍化はされていません。

51tl9GKXWlL
【ラフ】

高校進学と同時に大和圭介は水泳部に入部。そこで再会した二ノ宮亜美は圭介のことを「ひと殺し」と呼んだ―。涙と笑い、挫折と情熱。友情、恋、夢……まぶしい想いを詰め込んだ青春ラブストーリー(文庫版:全7巻)

 

以上、あだち充先生のオススメ漫画BEST10でした。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました