日常生活に役立つアイテムや生活用品を紹介!

ドアへの指はさみを完全に防止するおすすめグッズ!【はさマンモス】

指はさみ防止グッズ

もし、あなたのお子さんの指がドアに挟まれて切断されてしまったら…。

あなたは、どうしますか?

 

東京消防庁管内では平成23年から27年の5年間において、手動ドアに挟まれて救急搬送された子供は932人おり、そのうち45人が指を切断しています。

(出典:東京くらしWEB くらしに関わる東京都の情報サイト)

 

指が切断されてしまっても、現代の医学であれば再接着することはできます。

ただし、それは鋭利な刃物や機械などでキレイに切断されてしまった場合。(一般的に8時間以内なら可能と言われています)

そのため、指が砕けたりつぶれて切断されてしまったケースや指が引き抜かれて切断されてしまったケースでは、縫合手術はほぼ不可能とされています。

ドアに指を挟まれて切断してしまうと、ほとんどの場合、切断面や切り離された指がつぶれてしまいます。

ですから、ドアに挟まれて切断された指は二度と元に戻らないということになってしまうのです。

 

特に10歳未満の小さいお子さんには注意が必要で、東京消防庁の公式サイトでも、このような注意を促しています。

12歳未満の子どもでは、ドアによる指の切断が半数を占めています。

保護者は、ドアの開閉時に子どもがどこにいるのか確認するとともに、指はさみ防止グッズなどを活用して子どもを事故から守りましょう。

(出典:東京消防庁公式サイト)

 

大事なのは、子供たちがドアの開閉で指を挟まないように『予防策』を施すこと。

上の注意書きで述べられているように「指はさみ防止グッズ」を使えばいいのですが…。

 

指はさみ防止グッズってなに?

 

このように思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、子供たちがドアの開閉で指を挟まないようにできるおすすめの防止グッズ『はさマンモス』を紹介します。

 

もっといいネーミングはなかったのか?と突っ込まないでくださいね。

ネーミングは置いといても、『はさマンモス』は、非常にシンプルで優れた機能を持つ「指はさみ防止グッズ」なのです。

そんな『はさマンモス』が、どのようにしてドアに指が挟まれるのを防ぐのか?その性能を今回お話しします。

 

いつの時代も、子供を守るのは親の役目。

あなたの子供を守れるのは、あなただけです。

『はさマンモス』があれば、お子さんが指を挟む事故を心配する必要はなくなります。

 

指はさみ防止グッズ『はさマンモス』とは?

それでは、『はさマンモス』がどのようにしてドアに指が挟まれるのを防ぐのか?

図で説明するのが一番分かりやすいと思いますので、図解で説明していきます。

まずは下の動画をご覧ください。

 

これは、ドアの一部だけに『はさマンモス』が取り付けられている動画ですが、このように、ドアの開閉部(蝶つがい側)のスキマをふさぐことで、指が挟まれるのを防止する仕組みになっています。

分かりやすく示すと、次の図のような構造ですね。

 

トラス構造とは、三角形を基本とした強度の高い構造で、橋の建築にも用いられています。

押してもヘコまないほどの強度があるため、もう指を挟みたくても挟めない、そんな状態にしてくれます。

 

また、従来の指はさみ防止グッズに多かったのは、ドアノブ側を固定するタイプ。

でも、ドアノブ側を固定しても開閉部(蝶つがい側)をふさがないと意味がないんですね。

なぜなら、指を切断してしまう事故の多くは、開閉部(蝶つがい側)で起こっているからです。

 

その点、『はさマンモス』は開閉部(蝶つがい側)をカバーする防止グッズ。

開閉部(蝶つがい側)は、指を切断する以外にも「骨折」、「つぶれる」など危険がありますので、こちら側をカバーする必要があるというわけです。

 

『はさマンモス』のおすすめポイント

このような指はさみ防止機能を持つ『はさマンモス』には、3つのおすすめポイント(特長)があります。

 

はがしやすい賃貸用

『はさマンモス』は、主にご家庭で利用することを目的に作られています。

そうなると気になるのは次の点。

「ウチ賃貸なんだけど、引っ越すときにはがせるの?」

 

大丈夫です。

『はさマンモス』には、賃貸用があります。

 

賃貸用は、その名のとおり賃貸住宅で利用してもらうために作られており、はがしやすいタイプとなっています。

ただし、はがしやすいのは確かですが、使っているうちに取れてしまうということはありません。

つまり、「はがそう!」と思ってはがせば取れますが、それ以外で自然にはがれてしまうことはないということです。

 

長さ(高さ)を調整できます

『はさマンモス』の長さ(高さ)は、最長180㎝。

しかも、お子さんの身長やドアのサイズに合わせてハサミでちょきんと切ることができますので、「ウチのサイズに合わない…」という心配もありません。

このように、ハサミで簡単に切れちゃいます。

 

3つのバージョンがあります

『はさマンモス』には、開閉部(蝶つがい側)に合わせて3つのバージョンがあります。

  1. 表面のみ
  2. 裏面のみ
  3. 表・裏の両面

主に危険なのは表面かな、という気がしますが裏面にも「スキマ」ができていてそこに指を挟む危険性もあります。

ドアの形状や用途に合わせて選べますので、とても応用力の高いグッズと言えるでしょう。

 

ここまで読んでいただければ、『はさマンモス』がとても優秀な「指はさみ防止グッズ」だとお解りいただけたのではないかと思います。

 

『はさマンモス』の口コミ評価

では最後に、『はさマンモス』に関するtwitterの口コミ評価を紹介します。

あまり一般的な認知度がない商品ですので、実際の口コミも参考にしてくださいね。

なお、今なら『はさマンモス』をSNSに投稿すると、180cm表裏セットがもらえます!

詳しくは公式サイトで。

 

冒頭で紹介したドアに指を挟んで切断してしまう事故数は、あくまでも東京都だけの数字です。

全国にまで目を向けると、その数は何倍にもなると思われます。

特に、小さいお子さんほど事故にあって取り返しのつかないことになる確率が大きいので、そこはぜひ、ご両親の力で守ってあげてください。

そのためのひとつの方法として、今回紹介した『はさマンモス』がお役に立てればとても嬉しく思います。

ちなみに、いまご購入いただくと「お得な特典」も付いてきますので、詳しくは『はさマンモス』の公式サイトで確認してくださいね。

 

はさマンモスの公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。