日常生活に役立つアイテムや生活用品を紹介!

猫の脱走防止におすすめ!【にゃんがーど/オーダーメイドの脱走防止柵】口コミ評価もチェック!

猫の脱走防止柵
  • うっかり玄関のドアを開けっぱなしに!
  • 鍵をかけ忘れた!
  • 窓がちょっと空いていた!
  • 自分でドアを開けた!?ウチの猫かしこっ!

愛猫が脱走すると心配になりますよね。

すぐに帰ってくる、又は見つかればいいですけど、万が一…ということも考えられます。

愛するにゃんこを守るためには、飼い主であるあなたが猫の心理と防止策を知らなければなりません。

そこで今回は、猫が脱走する理由と有効な脱走防止柵について紹介していきます。

 

猫が脱走する理由

まずは猫が脱走する理由ですが、おそらくほとんどの飼い主の方は分かっていると思いますので、サラッとおさらいをしましょう。

 

好奇心

猫は好奇心旺盛な動物。

『なんか見えたニャ?』と、窓の外に面白そうなものを見つけたら、気になってしかたがないのです。

『行ってみるニャ!』。

猫は賢い動物ですが、好奇心が抑えられるほど自制心は持ち合わせていません。

 

発情期

発情期になるとパートナーを求めて脱走することがあります。

特に、去勢をしていないオス猫&避妊をしていないメス猫は、この傾向が顕著です。

『あのコ、かわいいニャ!』。

繁殖をさせる予定がなければ、獣医さんに相談して去勢・避妊手術をしましょう。

これは脱走防止という点だけでなく、病気予防などにも有効ですよ。

 

ストレス

こちらは、引越しなどで環境が変わった場合に多く見られる脱走の原因ですね。

『前の場所がいいニャ!』と、元いた場所に戻りたくて脱走することがあります。

こればっかりは「慣れ」させていくしか方法はありません。

 

主な脱走の原因はこれら3つになるのですが、ひとことで言ってしまうと「本能」。

だから、ある程度は仕方がない、と理解してあげるのも飼い主の役目なのかもしれません。

決して、あなたの家の居心地が悪いわけではありませんよ。

 

猫が脱走する危険性

とは言え、にゃんこの好き勝手にさせておくわけにもいきませんよね。

上でも述べたように、すぐ帰ってくる or すぐ見つかるのであればいいですが…。

普段家の中にいる猫が好き勝手に外で行動すると、こんな危険な目に遭ってしまうかも。

 

交通事故

一番心配なのはコレですよね。

いくら反射神経がよい猫でも車の危険性は分かりません。

つい道路に飛び出して…『ニャ~~!!』。

ケガで済めば不幸中の幸い、でも…死に至るケースが多いのも事実。

 

他の猫との接触

実は、猫が外で行動する場合に、一番やっかいなのがコレ。

仲良く触れ合う程度ならマシですが、ケンカをしたり傷を負ったりすると、感染症にかかってしまう恐れがあります。

また、触れ合いすぎると「望まない妊娠」をしてしまう(させてしまう)ことも。

交尾したメスの妊娠確率は100%に近いそうですよ。

感染症と妊娠…、どちらもやっかいですよね。

 

行方不明

犬の帰巣本能は有名ですが、猫にも帰巣本能はあります。

諸説あるようで犬ほどではないと言われていますが、あるそうです。(基本的に、全ての野生動物には帰巣本能があるようです)

ですから、心配しなくても帰ってくるパターンがほとんど。

でも、迷子になって行方のわからなくなった猫も多いんですよね~。

『ウチのにゃんこ探してます』。

昔はこんな貼り紙が電柱に貼られていました。

いまはネットやSNSを活用していますが、人間の技術が進歩しても「猫そのもの」は変わっていないということです。

 

猫の脱走に最適な防止策は「防止柵」

さて、ここまで猫が脱走する理由と危険性について述べてきましたが、やっぱり肝心なのは不要な脱走を防止すること。

そのために、飼い主のあなたができる最善の防止策を紹介します。

 

もしかしたら、あなたは猫が脱走する手段としては「窓」が一番多いと思っているかもしれません。

でもですね、猫の主な脱走経路は出入り口となる「玄関のドア」なんです。

家族が外出するときや帰宅したとき、開いたドアから逃げるケースが一番目立ちます。

また、猫が自分でドアを開けたり、柵やフェンスを越えたりして脱走することも。(さすがに鍵を開けるのは無理ですが…、鍵が掛かっていないドアなら開けてしまうこともあります)

猫のジャンプ力は体高のおよそ5倍、最大約2m。

また、細いスキマを縫って外に出るのも常套手段。

こうしたことから、猫の脱走を防ぐ条件は「玄関(ドア)の前」「飛び越えられない」「隙間がない(狭い)」の3つ。

そして、この3つを満たした『防止柵(防止扉)』を設置することが、最善の防止策なんです。

 

こんな感じに。

 

この「脱走防止柵(防止扉)」は、ねこ工房という会社が手掛けるにゃんがーどというオーダーメイド製品。

その特徴は、次のとおり。

  • 完全オーダーメイドで、あなたの家のサイズにピッタリのものを作製
  • 取り付け&取り外しが簡単な「突っ張り棒タイプ」(工事不要・賃貸でもOK
  • 玄関ドアだけでなく、欄間やキッチンカウンター用などもあり
  • 天井と床を突っ張ることで固定するため、釘などで壁に穴を開ける必要なし
  • 十分な高さと通り抜けられない隙間で猫の脱走を防止
  • 脱走防止だけでなく、家の空間を区切るためのパーティションとしても使用可能

ただし、採寸・組み立て・設置は、あなたご自身で行います。

 

もし、上記のような脱走防止柵(防止扉)に興味がある方は、『にゃんがーど』の公式サイトをご覧になってください。

詳しい採寸方法や設置方法などが図解で掲載され、実際の利用者の設置写真や口コミも確認できます。

『にゃんがーど』があれば、きっとにゃんこも諦めて脱走しなくなると思いますよ。

 

脱走防止柵(扉)にゃんがーどを見に行く

 

にゃんがーどの口コミ

では最後に、にゃんがーどの口コミレビューを掲載して終わりたいと思います。

利用者のリアルな評価ですので、こちらも参考にしてくださいね。

にゃんがーど最強!

ねこ工房さんのにゃんがーどをキッチン前に設置しました。

今までのキッチンガードは、マーブルが根性で乗り越えて、ガードの上からプラスティックダンボールをつけたりしてましたが、やっと夫がちゃんとしたものを買ってくれました!

登ろうとしても登れないところが秀逸です!!

我が家の必須アイテム、ねこ工房さんの「にゃんがーど」

設置から3ヶ月

甘えん坊なアランくん

いつも車のエンジン音で、旦那さんの帰宅に気付いて、玄関までダッシュ

「おかえり‼️抱っこー‼️」と、全力で出迎えます

それこそ、飛び出しそうな勢いで

我が家は道路沿いの戸建

間違って外に飛び出してしまったら、車通りの多い道が目の前です

でも、にゃんがーどで二重扉にしているから大丈夫

可愛いポーズで、旦那さんが扉を開けるのを、今か今かと待っています

にゃんがーどがあって良かったーと思う瞬間が、毎日です

少し値段がするから迷ったけど、買ってなかったら多分、危なかった

ねこ工房さんに感謝を込めて、素晴らしい商品を、ありがとうございます

先日、お願いしていた にゃんがーどが届きました!

先週末、長男とパパが組み立て、設置してくれました。

パパよりも長男の方が手際も良く、とっても頼もしかったです。

・ ・ さて、にゃんこたちの反応は……

ティガは〈なんなの、これ?〉と目を点にして遠目から警戒。

ふみちゃんは最初は興味深く眺めはしたものの〈あぁ、ここは越えてはダメなのね〉と察した様子。

登ってみたりするかな?と思ったけど意外におとなしくしてくれています。

これで疲れて帰った時、玄関の脱走防止柵を大きく脚をあげてまたいだり、おっちょこちょいのパパが柵に引っかかって勢いよくつまづいたりしなくて済む。笑

新しい木の香りもして、思ったほど威圧感もなく快適です。

ねこ工房さんのにゃんがーど買いました。

前から欲しくて…でもちとお高い。

悩んで悩んでポチッとな。

設置完了した瞬間、あぁ買って良かったと心から思った!

前使ってた自作の脱走防止扉。。。

これ何回も改良を重ねてやっと完成した扉だったんだけど、やっぱりにゃんがーどには適わないね。

当たり前かっ!

一番脱走を試みるすず。

早速頑張ってたよ(笑)

ビクともしなかった。

あーもっと早く買えばよかった。

 

あなたの大切な愛猫がいなくなってしまったら一大事。

無事に見つかればいいですが、万が一というケースも…。

そのようなことのないように、あなたの大切なにゃんこは、あなたが護ってあげてください。

もしかしたら、これを読んでいる今にも…。

 

脱走防止柵(扉)にゃんがーどを見に行く

 

テキストのコピーはできません。